コンテスト

外国語大学では、通訳コンテストやプレゼンテーションコンテストなどが 開催されています。

京都外国語大学、京都外国語短期大学では、
毎年秋に7つの外国語の弁論大会が行われています。
京都外国語大学が主催で、全国の大学の生徒が集まり、弁論をします。
また、2013年1月21日には、京都外国語大学英米学科が主催で、
「Show&Tell 近畿高校生生プレゼンテーションコンテスト」が開かれました。
それぞれのテーマで、8校10人が出場したそうです。
高校生の時からこういうコンテストが開かれるというのは、
英語に触れあう良い機会ですよね。


外国の大学

名古屋外国語大学では、通訳コンテストが開催されています。
通訳コンテストとは、日本人スピーカーとネイティブスピーカーがいて、
それをその場で通訳するというコンテストです。
他にも、英語スピーチコンテスト、フランス語暗唱・弁論大会なども 行なわれています。


神田外語グループ主催で、2012年から「全国学生英語プレゼンテーションコンテスト」
が行われています。
2013年は11月16日に行われるそうです。
2012年の内容は、「世界に目を向け思考する」という3つのテーマから一つ選んで、
プレゼンテーションが行われました。
ハイレベルで、最優秀賞には、奨学金50万円が出たり、
海外旅行に行くことが出来ます。
必至になるのがよくわかります…
英語に自信がある、自分の英語力を発表したい!という人は、
応募さえれてみてはどうでしょうか。





    記事一覧



Copyright(C)2013 全国の外国語大学調査 All rights reserved.